メルマガ登録はこちら

アドセンスでads.txt ファイルの問題が出た時の簡単対処法/エックスサーバー

Googleアドセンスにログインした時に、このようなメッセージが出てきました。

「要注意 – 収益に重大な影響が出ないよう、ads.txt ファイルの問題を修正してください。」

一見難しそうですが、もしお使いのサーバーがエックスサーバーを利用していれば簡単に解決できますので手順をご紹介します。

スポンサーリンク
目次

アドセンス画面でads.txt ファイルの問題を修正するドメインを確認する

それでは画像を使って手順を説明していきます。

Googleアドセンスでどのサイトがads.txt ファイルの問題があるのかを確認

Googleアドセンスにログインし、「ads.txt ファイルの問題を修正してください。」の横にある「今すぐ修正」をクリックします。

すると対応しなければならないサイトが確認できます。

Googleアドセンスのアカウント情報を確認しておく

ads.txtファイルに問題があるドメインが確認できたら、アドセンスのアカウント情報「パブリッシャーID」を確認しメモしておきましょう!

これはエックスサーバーでads.txtの設定をする際に必要となります。

確認方法はこちら

アカウント→アカウント情報をクリック。

パブリッシャーIDのpub-から始まる数字をメモしておくかコピーしておきます。

Googleアドセンスで確認するのはここまでです。

次はサーバー側の設定です。

エックスサーバーでads.txtの設定をする

エックスサーバーのサーバーパネルにログインします。

画像左下にある「設定対象ドメイン」のところに、Googleアドセンスで調べたads.txtを修正するドメインを選択し設定します。

ホームページの欄の「ads.txt設定」をクリックします。

「ads.txt設定追加」をクリックし入力していきます。

入力事項
・広告システム:google.com
・サイト運営者ID:GoogleアドセンスのパブリッシャーID「pub-と16桁の数字」
・契約種別:DIRECT(アカウントを直接管理している場合)
      RESELLER(アカウントを直接管理していない場合)
・認証機関ID:f08c47fec0942fa0

入力後は確認画面へ進むをクリック。

上記画像が確認画面です。

入力が間違いなければ、「追加する」をクリックし終了です。

ひろえ

アドセンス画面の「ads.txt ファイルの問題を修正してください。」はすぐに消えませんが、私の場合は翌日には消えていましたよ。

参考サイト:https://www.xserver.ne.jp/manual/man_server_ads.php

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

目次
閉じる