メルマガ登録はこちら

GoogleAdSenseサイト運営者向けポリシー違反レポートが来た!不倫はアダルトコンテンツ?

メールをチェックしていると、なんとも気になるタイトルが?!

「AdSenseサイト運営者向けポリシー違反レポート」

ひろえ

えっ、もしかして広告停止した?

なんてめちゃくちゃ焦りながらメールを開きました。

内容はこちら

特定のページがポリシー違反に該当するということで広告が停止されている模様。

サイト全体が停止されたわけではないということでホッとしました。

それではここからは、ポリシー違反の内容についてみていきます。

スポンサーリンク
目次

ポリシー違反の理由はアダルトコンテンツ?!

アドセンスポリシー違反状況対応策

アドセンスのポリシー違反に該当したのは1ページのみでした。

その問題はと言うと、「アダルトコンテンツ(性的な内容)」とのこと。

上記・下記画像は私のサイトのGoogleアドセンスの画像です。内容を確認すると、

アドセンスポリシー違反
アドセンスポリシー違反アダルトコンテンツ

次のようなコンテンツでは、広告の供給が制限されます。

・ヌードを含むコンテンツ

・性的に満足させる、性的なものを暗示する、または性的刺激を目的とするコンテンツ

・性的なフェチについて扱っているコンテンツ

・性的なエンターテイメントに関するコンテンツ

・性的な商品を宣伝するコンテンツ

・不倫や浮気、性行為を促すコンテンツ


引用元:Google AdSenseポリシー

そんな記事はないはずだったのですが、URLがあるのでクリックして記事の内容を確認しました。

該当のページは、ある芸能人の不倫がフライデーされ、その不倫相手に関することの記事でした。

おそらく「不倫や浮気、性行為を促すコンテンツ」に該当するのではないかと思われます。

画像に関してはその不倫相手とされる方のインスタを載せていたのですが、特にヌードや水着といったわけでもなかったので、正直これではないようです。

ただその不倫相手を「女優」ではなく「セクシー女優」と表現していたこと。

また不倫相手との出会いの場がセクシー女優と会えるのがウリのコンセプトバーと言うところで、こちらも性的なコンテンツに該当したと思われます。

ちなみに他のサイトを見る限りどこも似たような内容を取り扱っているんですけどね・・・

アドセンスポリシー違反の対応策は?

私のサイトの対応策としては

  • 一旦、該当ページを下書きへ
  • セクシー女優→女優と変更
  • コンセプトバー→バー
  • 記事中の文言も修正
  • 下書き→記事再度公開
  • 審査リクエスト

「要修正」のところは“いいえ”となっているので修正の必要はなかったのかもしれませんが、ずっと問題があるのも気持ち悪いので修正しました。

現在の状況は下記の画像です。

「ページに関する問題」が0になりました。

またGoogleアドセンスの「ポリシーセンター」のところから確認してみても、問題は検出されませんでした。

該当ページ(URL)を確認してみたところ広告も表示されていましたので、問題は解消されたようです。

Googleからは今のところメールなどでのお知らせはないです。(また後日メールがくるのかも?)

ポリシー違反の審査結果がきました!

5月24日にポリシー違反がある旨、メールがきて、その日のうちに対策し審査リクエスト。

そして5月26日の早朝に審査結果のメールが来ました。

Google アドセンス ポリシー違反 審査結果

審査の結果、該当のページに「ポリシー違反は見つかりませんでした」とのこと。

あ〜良かった、良かった。

というわけで、解決しました!

まとめ

今回は特定のページによるポリシー違反についてでした。

該当ページは「不倫+セクシー女優+セクシー女優と出会えるのがウリのコンセプトバー」をを扱った記事のためポリシー違反とみなされたと思われます。

広告が停止されたのはこのページだけ。

もう需要がなければ下書きに戻したままでもよかったですし、今回はどんな流れになるのか検証したかったので修正と言う方法で試してみました。

修正すればその日のうちに広告も表示されていましたので、焦らず対処すれば問題ないかと思います。

今回は疑わしきは修正という方法にしましたが、本当に問題がなければ、そのまま審査リクエストして問題ないようなのでそれも一つの手かと思います。

今後も文章の表現には十分気をつけてサイト運営していきます!

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

目次
閉じる